悪玉コレステロールを下げるためには|LDLが気になる

高い悪玉コレステロール値を示してしまう原因

悪玉コレステロールとはコレステロールの一種です。適度な量なら身体に害はなく、むしろ必要なものですが、高い値になると健康に影響を及ぼすため悪玉コレステロールと呼ばれています。どのような影響かと言うと、この悪玉コレステロールが増えすぎると身体のいたるところに余分な脂肪を血管を通じて運ぶようになります。すると脂肪が蓄積して肥満になると共に、運ぶ脂肪により血管が詰まりやすくなり、動脈硬化などを引き起こすのです。そんな悪玉コレステロール値が高くなる原因の一つは運動不足と食事にあります。コレステロールの消化・分解は加齢と共に低下しますが、適度に運動をしていればコレステロール値が高いものを食べてもエネルギーに変換されるため、悪玉コレステロール値は高くなりません。しかしコレステロール値が高いものをたくさん食べる生活を続けている上に運動をしていないと、脂肪のエネルギー変換がされずに余分なコレステロールが体内に蓄積することになります。また、コレステロールが多い食事をしていなくても運動をしなければ脂肪は体内に蓄積しやすくなります。これが高い悪玉コレステロール値の原因です。そのため、悪玉コレステロール値を減らすためには適度な運動をしつつ、コレステロール値の低い食事をすることが効果的です。

悪玉コレステロールを下げるのに効果的な食品

悪玉コレステロールは善玉コレステロールよりも過剰な状況になると様々な病気を引き起こすリスクが高まり、食生活を中心とした日常での対応策が求められてきます。
まず、食事の摂取量に関しては満腹よりもやや少な目の八分目を意識しておき、脂っこい食べ物とアルコールに警戒しておくことで悪玉コレステロールの上昇を防ぐ結果へ繋がっていきます。
既に上昇してしまった悪玉コレステロール値を下げるためには、特定の食品を摂取し続ける選択が有効であり、検査時に規定値を超えている場合はすぐにでも実施するべきです。
悪玉コレステロールを下げる食品として代表的なものは、DHAとEPAを豊富に含んだ青魚類があげられるほか、ゴマやオリーブオイル・大豆・ヨーグルトなどが身近かつ簡単に摂取しやすい食品となります。
肉類を食べる場合は脂身の少ない部分を選択しておき、摂取量を制限することにより悪玉コレステロールの低下へ効果を発揮する例も存在し、豚肉であれば有効な成分が含まれている点でおすすめといえます。
また、ダイエットなどの目的に使われるチアシードも悪玉コレステロールの低下に役立つ食品の1つで、加熱せず料理に混ぜるだけという手軽さが魅力的です。